EXERA
http://exera.blog42.fc2.com/

Categories

Items

Page View Ranking

ブログパーツ

最新記事

RSS Feeds

最近のコメント

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れても、つながる不思議なゴム 仏研究所が開発

2008/03/06 02:06|未来技術TB:0CM:0
 ゴムのような弾性を持つうえ、切ったりちぎったりしても手でしばらく押しつけるだけでほぼ元通りに戻り、強くひっぱってもちぎれなくなる不思議な新素材を、仏国立科学研究センター(CNRS)のグループが開発した。ありふれた安価な化合物から合成でき、「自己修復」は何度も繰り返せるという。21日付の英科学誌ネイチャーに発表した。


 ふつうのゴムは高分子化合物でできているが、この新素材は数種類の低分子化合物が水素結合という緩やかな結合で複雑につながりあった「超分子」というタイプの物質。破断しても、結合相手がいなくなった水素結合の片割れがしばらく表面に残り、自己修復を可能にしているらしい。

 室温では破断から12時間以上たっても自己修復できた。約15分間押しつければ2倍の長さまで伸ばせるようになり、圧着時間を長くするほど破断前の性能に近づいた。

 原料は脂肪酸と尿素。すでに200グラム単位で生産でき、シート状やひも状など様々な形に加工できる。仏化学企業が製品化に動いているという。

 傷口がひとりでに治るような自己修復機能は、新素材開発の一大テーマだ。相田卓三・東京大教授(超分子化学)は「修復剤を入れた微小カプセルを素材に埋め込むなどの手法はすでにあるが、熱も圧力も化学反応も使わずに繰り返し自己修復できる素材はなかった。科学的にも実用的にも面白い」といっている。

■引用元
asahi.com: 切れても、つながる不思議なゴム 仏研究所が開発 - サイエンス
http://www.asahi.com/science/update/0221/TKY200802210061.html

『魔法の新素材』と名づけられたこの特殊なゴム。
フランス国立科学研究センター(CNRS)と化学工業企業・アルケマの研究員による大発明。
これを応用すると自動で修復するおもちゃとかも作れるのだとか。

Smart rubber promises self-mending products

URL:http://www.youtube.com/watch?v=Bho1-R5heFc

■関連リンク
自己修復するコンクリート、0.2mm幅のひび割れを46日間で自ら「補修」 - ニュース - nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/news/it08q1/562285/

【関連記事】
壊れても自動的に自己修復するイス「Robotic Self Healing Chair」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exera.blog42.fc2.com/tb.php/173-f152e7bf

Search

Items





 |  面白ネタ | 面白動画 | 画像 | ニュース | 未来技術 | ゲーム | アート | お知らせ | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. EXERA
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。